症例別の解説

<<解説一覧へ戻る

足の裏が痛い、だるい

症例用MAINバナー.jpg


ジョギングなどによる足の使いすぎや、加齢、足の小指側に体重をかけて立つクセによる足裏のアーチの減少などから起こりやすくなります。

起床時や長い時間座っていた後、動作開始時に痛いのは、安静にしている間に治りかけた腱膜が体重をかけることによってまた切れるからです。断裂は微小なので、痛むのは切れた瞬間だけで、断裂と修復を繰り返しているうちに、数ヶ月~数年で良くなります。

当院では・・・

当院では、硬くなった脚の筋肉を中心に、全身の筋肉と関節を調整してカラダの歪みを整え、足の親指側に体重をかけて立ったり歩いたりできるようにしていきます。
ふくらはぎのストレッチ、トレーニングなどもとり入れ、再発の予防を目指します。

▲ページ上部へ

スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ