症例別の解説

<<解説一覧へ戻る

寝つきが悪い・眠りが浅く、疲れやすい・夜中に目覚める

症例用MAINバナー.jpg


原因としては、自律神経のアンバランス状態が考えられます。

自律神経には、体を活動的にする交感神経と体を安静化する副交感神経の二つがあり、
眠るときに本来はたらくのは副交感神経の方です。

しかし、長時間の労働や過度のストレスによって交感神経が優位にたつ状態が長く続くと、
カラダが常に緊張状態に置かれ、いざ眠る段階になっても自律神経 のスイッチがうまく副交感神経に切り替わることができなくなることがあります。
こういった状態が睡眠のトラブルの大きな原因となってきます。

睡眠中も交感神経が優位な状態にあると、筋肉の緊張が続くため、
目覚めても疲れがとれず、寝違えを起こすことも多くなります。

当院では・・・

全身の筋肉と関節を調整してカラダの歪みをとり、血流を良くすることで、副交感神経の働きを促していきます。
「ストレス→交感神経の過剰な緊張→不 眠→疲労の蓄積→ストレス」という悪循環を断ち、自律神経のバランスを回復させることで、ぐっすりと深い睡眠がとれるようにしていきます。

▲ページ上部へ

スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ