症例別の解説

<<解説一覧へ戻る

スポーツによって起こる肘の痛み

症例用MAINバナー.jpg


ゴルフやテニスによって起こる肘の痛みについて


肘の痛みは、肘の酷使、特に肘をひねったり、
曲げ伸ばしする動作を繰り返すことによって引き起こされます。

また肩甲骨周りの硬く縮まったコリ(トリガーポイント)が原因で、
肘に痛みを引き起こすこともあります。


以前はもっとスコアがでたのに、肘が痛くて最近はうまくいかない
肘の痛みが無ければもっとテニスが楽しめる
肘の痛みがなければ、大会で良い成績が残せるはず

ベストなコンディションで思いっきりスポーツを楽しみたいものです。
でも、肘に痛みがあると、思いっきりできないです。
早く痛みを治したいですね。

当院では・・・

当院では疲労した筋肉、関節に負担をかけないように、
ストレッチングや牽引しながら関節モビリゼーションによって血流を良くし、
全身のバランスも整えるケアをしていきます。

趣味やスポーツを続けたいといったご希望があれば、遠慮なくご相談ください。

当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチ方法を使います。
トリガーポイントとは、筋肉の奥にある硬く縮まったコリです。
このトリガーポイントを時間をかけてしっかりほぐします。

マッサージなどの慰安とは違いますので、
「痛気持ち良い」「効いている痛さ」という感覚で、
 心地よく施術いたします。

「不快な痛さ」や「恐怖を感じる痛さ」はありませんので、
安心してください。

上後鋸筋.jpg
※肩甲骨に記されている×の部分が肘の痛みの原因のトリガーポイントです。
 赤い部分このトリガーポイントが原因で引き起こされる痛みです。
 肩甲骨にあるがトリガーポイントが原因で肘の部分に痛みが出ていることがわかります。

当院では、
まず腕を中心に全身の筋肉を手でしっかりとほぐして、血流を良くしていきます。

トリガーポイントは乳酸や疲労物質が凝り固まったコリですので、
血流が良くなると、無くなっていきます。

その後は、背骨・骨盤を調整してカラダのバランスを整えていきます。
筋肉をほぐした後ですので、関節の調整がしやすくなります。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

肘の痛みを改善された体験談

a1640_000080.jpg
◎時間をかけて通ったおかげで、また楽しくゴルフができるようになりました。
ゴルフが唯一の趣味なのですが、ここ数年肘の痛さに
悩まされ、ゴルフをプレイするのが億劫になっていました。
時間をかけて国立整体院に通ったおかげで、また楽しくゴルフができるようになりました。
(50代 男性 会社員)

※頂いた声は、それぞれの方の感想であり、効果を保証するものではありません。
 効果には個人差があり、改善度合いや改善にかかる期間、回数は人それぞれですが、
 一人ひとりに合わせた形でしっかり施術をさせて頂きます。
 最適なメンテナンスのペースも人それぞれですので、提案させて頂きます。

a1180_010528.jpg
◎テニスの試合が多いので、ケアして頂いて助かっています。
私は本格的にテニスをしており、最低でも週に3回はテニスをしています。
また地方の大会へ出場することも多いです。
テニスの試合が多いので、ケアして頂いて助かっています。
(60代 女性)

※頂いた声は、それぞれの方の感想であり、効果を保証するものではありません。
 効果には個人差があり、改善度合いや改善にかかる期間、回数は人それぞれですが、
 一人ひとりに合わせた形でしっかり施術をさせて頂きます。
 最適なメンテナンスのペースも人それぞれですので、提案させて頂きます。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

という嬉しい声を頂きます。

▲ページ上部へ

スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ