お土産紹介ブログ

2018年4月アーカイブ

福島のお土産をいただきました。
2018年04月15日

呉さん福島1.JPG


内田顕です。


ご家族皆様で当院に通われている
Kさんより福島のお土産を
いただきました。


アクティブなKさんは
趣味のテニスで疲れた体の
メンテナンスで通われています。


大学野球をはじめ、
様々なスポーツに精通しており、
いつもお話させていただいて
勉強になります。


今回は日帰りで
福島まで桜を
見に行かれたそうです。


樹齢1000年を超える桜をはじめ、
様々な桜を満喫されたそうです。
東京はもう散ってしまって
見られないのでうらやましいです。


今回、コチラのお土産を
いただきました。


呉さん福島2.JPG


「黒糖饅頭」。


色が示している通り、
黒糖の味がかなり強いです。
めずらしい味のお饅頭です。


呉さん福島3.JPG


写真では分かりづらいですが、
中には栗がちりばめられています。


あっさりした黒糖の味と、
栗のほのかな甘さが上手に
マッチしていて美味しかったです!


Kさん、
お土産ありがとうございました。
大学野球の季節が始まり
観戦が増えると思います。
疲れた体はしっかりと
ケアしていきますね。


▼コメントする




にしんそばをいただきました。
2018年04月05日

にしんそばと.jpeg


蕎麦好きな院長の玉川です。


毎週1回のメンテナンスで
通われているIさんより
「京・松葉 にしんそば」京都の
お土産をいただきました。


そばの上にニシンの甘露煮を
置いたものです。


Iさんは、旅行が好きです。
そしてお土産のセンスが抜群。
というのも、いつもとても美味しい。


本当にいつもありがとうございます。


にしんそば1.jpeg


こちらがアップの写真です。
スケルトンの包装です。


「にしんそば」の誕生は
明治15年だそうです。


京・松葉二代目松野興三吉が
考案したものが最初だそうです。


早速開けてみましょう。


にしんそば2.jpeg


おいしいにしんそばの作り方。
ありがい指南書です。


にしんそば3.jpeg


めん汁。


にしんそば4.jpeg


にしんの甘露煮。
良い色をしています。


日本刀を彷彿とさせる
流線形のフォルムの美しさ。


美味しそう!


にしんそば5.jpeg


そば。
自分で茹でるので時間が大事。


以上のものを組み合わせ
自宅で料理しました。
それがこちら。


にしんそば自宅.jpeg


いや~良いですね^^
にしんのタレが良い感じに混ざり
汁に深みを増してくれます。


ちゅるちゅると蕎麦をすすれば
ほのかに感じるにしんの風味。


にしん自体も味がしっかりしており
美味しいです。


あっという間に完食。
自宅で美味しい蕎麦を満喫しました。
Iさん、ありがとうございました!


▼コメントする




スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ