国立日和ブログ

博多通りもんをいただきました。
2017年05月17日

IMG_8398.jpg


内田顕です。


いつも差し入れをいただいている
Nさんからお土産をいただきました。


Nさんは今回、
九州まで新幹線でご旅行に
行かれたそうです。


熊本~福岡~長崎と
色々な街を満喫され、
お話を聞いていて
私も九州に行きたくなりました。


Nさんとの会話で
「なぜ博多はラーメンの麺は硬いのに、
うどんの麺は柔らかいのか?」
という議題が上がりました。


疑問があると調べずには
いられない性格です。
色々調べた結果、
私なりの答えが出ました!


私の見解は、
「早く提供し、すばやく
食べられるようにするため」です。


元々、博多は商人の街で
時間にシビアな方が多い街でした。


特にラーメンは市場の近くに
屋台があったため、
セリの間に来る人が
多かったそうです。


うどんは早く提供するために
茹でおきにし、早く消化できるよう
柔らかい麺で提供する。


一方ラーメンは、
少しでも早く茹で上がるよう、
細麺の硬めで提供する。


といった背景があり、
麺の硬さがそれぞれ違う
理由だと思われます。


Nさん、そして福岡県出身の方、
この見解いかがでしょうか?


さて謎が解けてスッキリしたところで
今回いただいたお土産の紹介です。


IMG_8401.jpg


「博多通りもん」。


先日閉幕したお菓子博でも
売上1位を記録した
人気商品です。


今や世界に誇る
福岡・博多銘菓ですね。


白あんと生地が溶けるような
食感でおいしかったです!


Nさん、いつもありがとうございます!
またしっかり施術していきますね。


▼コメントする




唐饅頭(とうまんじゅう)をいただきました。
2017年05月14日

IMG_8362.jpg


内田顕です。


毎週、カラダのメンテナンスで
通われているYさんから
「唐饅頭」をいただきました。


四国出身のYさんは
GWのお休みに
帰省されたそうです。


以前帰省された時も
お土産をいただいており
本当に嬉しいです。
↓↓↓
吉見の唐饅(とうまん)をいただいた記事


FullSizeRender.jpg


今回は「柚子味」を
いただきました。
固めの生地から柚子の味が
ほのかにします。


やさしい甘さでいくつでも
食べられる気がしました。
サクサクとした食感が
特徴的で、1度食べると
クセになります。


「唐饅頭」で有名な宇和島は
愛媛県の南に位置します。


uwajima_img2.gif
(画像は宇和島市HPより抜粋)


他にも真珠や魚の養殖が盛んで、
全国的にもめずらしい
「闘牛」が見られることでも
有名です。


HPの動画で観ましたが、
通常の牛より1.5倍位
大きくて驚きました。


地元のお土産をいただけると、
その場所のことに
興味が沸いてきますよね。


私はまだ四国に
行ったことがありません。
色々なことを知れて、
大変勉強になります。


Yさん、
お土産ありがとうございました。
またしっかりメンテナンス
していきますね。


▼コメントする




裕次郎くんからのお土産紹介(タイ)
2017年05月13日

タイお土産.JPG


院長の玉川です。


タイのプーケットから帰国して
さらに黒くなった裕次郎くんから
お土産を貰いました。


ありがとう!!


IMG_0990.PNG


↑↑↑
見てください。帰国後の顔。
なんかタイ人に似てきた気がします。
名前をつけるとしたら
ポンサクレック・ユウジロウ。


ますます現地の人に
見えてきました、笑。


しばらくは当院に通われる方との
タイトークで盛り上がりそうですね!


さて、お土産紹介です。
まずは「マンゴー風味のTEA」。


タイお土産TEA.JPG


早速飲みました。


タイお土産ドリアンTEA②.JPG


マンゴーの良い香りがします。
美味しいです。


ちなみにメイドインマレーシアです。


続いては「ドリアンチップ」。


タイお土産ドリアン.JPG


ドリアンは臭いイメージがあります。
その臭さで機内への持ち込みは禁止。
持ち込み禁止のホテルもあります。


だからでしょうか??
黄色いテープでしっかり密封。


タイお土産ドリアンアップ.JPG


このテープ、しっかりと閉められており
蓋を開けるのも少し手間取りました。


フタを開ける瞬間が楽しみですよね。
どんな臭いがするのでしょうか。
なんせあのドリアンです。


いざOPEN!


タイお土産ドリアン②.JPG


ほのかに良い香りがしました(゜o゜)
全く臭くありません。
意外でした。


味はナッツのよう。


ドリアンの要素を
1ミリも感じません、笑。


サクサク食べれて美味しいです。
裕次郎くん、ありがとう!


---------------------------------------------


ゆうじろうさん・お土産①.jpgのサムネイル画像


内田顕です。


真夏のタイに旅行されていた
ポンサクレック裕次郎さん。


タイは現在真夏でかなり
暑かったそうです。
休み明け初日に、
日本は寒いと仰っていました。
(ちなみにその日の最高気温は
28℃で暑かった日です、笑)


私はコチラのお土産を
いただきました。


ゆうじろうさん・お土産②.jpg


「ミックスチップス」。


色々な果物が入っている
ドライチップスです。


イラストを見ると ドリアン、バナナ、
パイナップル、マンゴー等が
入っています。


ゆうじろうさん・お土産③.jpg


「バナナ」と「マンゴー」。
・・だと思われるものです(笑)。
なかなかのドライっぷりで
確かではありません。


日本のドライフルーツの
食感というよりは、
ポテトチップスに似ています。


本場のドライチップスは薄味で
美味しかったです!


ゆうじろうさん・お土産⑤.jpg


「マンゴーグミ」。


お猿さんの絵が
カワイイですよね。


英語、漢字、カタカナ表記が
されています。
まさに外国人向けの
お土産ですね。


箱を開けると
香りが充満していました。
ドリアンよりこちらのほうが
ニオイが強かったです(笑)。


口の中をしばらく
トロピカル味が広がっていました。


やはり日本のお土産とは違い、
味と香りが特徴的でした。
海外気分を少し味わえました。


裕次郎さん、
お土産ありがとうございました!


▼コメントする




みろく石をいただきました。
2017年05月13日

伊藤さん 17.5.1.JPG


大山裕次郎です。


G・Wに和歌山県に
旅行に行かれた
Iさんから
お土産をいただきました。


Iさんは旦那さんと
よく旅行に行かれるそうです。


今回は和歌山県の高野山に
行ってきたそうです。


高野山と言えば
宿坊が有名ですよね。


宿坊で一泊し
朝のお勤めにも参加されたそうです。


ちなみにIさんはお経を
読むことが出来るそうです。
すごいですよね。


肉や魚を使わない精進料理が
美味しかったそうです。


しっかり楽しんで
こられたそうで良かったです。


伊藤さん 17.5.1 (1).JPG


高野山の名物を代表する
「かさ國」さんの一品、
「みろく石」です。


伊藤さん 17.5.1 (2).JPG


高野山の奥の院にある
「弥勒石」をモチーフに
しているそうです。


ちなみに「弥勒石」は
片手で持ち上げられると
願いが叶うと言われています。


かなり重たいそうなので
腕を鍛えて、
いつかチャレンジ
してみたいです(笑)。


伊藤さん 17.5.1 (3).JPG


お饅頭の中に入っているのは
私の大好きなつぶ餡でした。


上品な餡は豆の味が
しっかりと味わえ、
まわりの生地と
マッチしていました。


とても美味しかったです。


Iさん、ごちそうさまでした!


日々、元気に過ごせるように
次回もまたしっかりと
施術していきますね。


▼コメントする




生八ッ橋をいただきました。
2017年05月06日

山本さん 17.5.6 (1).JPG


大山裕次郎です。


当院にメンテナンスで
通われているYさんから
京都旅行のお土産をいただきました。


お医者さんのYさんは
仕事柄とてもお忙しい方です。


お忙しい中でも
趣味のテニスや
コンサートを観に行くことを
かかさないパワフルな方です。


趣味や好きなことを
沢山やることで
パワーに変えているように
みえます。


そういう生活は
素晴らしいですよね。


山本さん 17.5.6.JPG


「聖護院の生八ッ橋」。


「聖護院」さんは
京都で300年以上前から
八ッ橋を販売していることから
八ッ橋の元祖とも言われています。


写真だと見えづらいですが
中央に「聖護院」さんの
マークが入っています(笑)。


山本さん 17.5.6 (2).JPG


触っても分かるぐらい
もちもちしています。


「生八ツ橋」は口の中で
もちもちと溶けていきます。


中に入っているつぶ餡が
優しい甘さで、
甘みがぎっしりと詰まっています。


抹茶もニッキも
上品で優しい味で
とても美味しかったです。


院長も大絶賛していましたよ。


Yさん、ごちそうさまでした!


快適に生活を送れるように
また次回もしっかりと
メンテナンスしていきますね。


▼コメントする




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PC用サイトを見る

スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ