症例別の解説

<<解説一覧へ戻る

骨盤の歪み・左右の脚の長さが違う

症例用MAINバナー.jpg


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

片方の脚にいつも体重をかけている

利き腕にいつも重たいものを担ぐ、または持つ

脚を組むクセがある

横座り、女の子座りなどの偏りのある座り姿勢

写真を撮るといつも片側の肩が下がっている

ズボンの裾が片側だけ長くなる

骨盤が歪んでいる感じる

どちらかの脚の付け根が痛む

左右の脚の長さが違う気がする

腰周りが横に広がっている気がする

写真に写るとどちらかの肩が下がっている

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


上記のようなことがあれば、骨盤の歪み・左右の脚の長さが違うかもしれません。

当院では・・・

骨盤の歪みも、左右の脚の長さの違いも硬くなって縮まったコリ(トリガーポイント)が大きな原因です。

筋肉と骨盤はお互いくっつきあっています。
そのために、筋肉が硬く縮まると、骨盤の歪みや、左右の脚の長さの違いがでます。

国立整体院の施術内容は、下記の3本柱です。


①筋肉をほぐす
(トリガーポイントセラピー)

②背骨・骨盤の調整

③アフターケア
(姿勢のチェック・予防体操)


それぞれ詳しく説明します。

R1①.JPGのサムネイル画像
①筋肉をほぐす
(トリガーポイントセラピー)

硬くなった筋肉をほぐし、血行を良くします。
当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチ方法を使います。
トリガーポイントとは、筋肉の奥にある乳酸や疲労物質が凝り固まったコリです。

「放散痛」という痛みを飛ばす性質もあります。

  中殿筋.jpg

腰方形筋1.jpg

図の×の部分骨盤周りにできたトリガーポイント
トリガーポイントをほぐし、全身の血流を良くします。
トリガーポイント
は血流が良くなると、無くなります。


骨盤周りの筋肉が硬く縮まってトリガーポイントができ、
骨盤が筋肉で引っ張られて骨盤が歪みます。

筋肉には硬くなると縮むという性質があるからです。
硬くなった筋肉をほぐすと、筋肉は伸びやすくなります。
そうすることで、
この後の『背骨・骨盤の調整』が効果を生みます。

施術は
・痛気持ち良い
・効いている痛さ
という感覚。

マッサージなどの慰安とは違います。
「不快な痛さ」や「恐怖を感じる痛さ」はありません。
安心してくださいね。

CMT①.JPGのサムネイル画像

②背骨・骨盤の調整

背骨・骨盤を調整して全身のバランスを整えます。
筋肉をほぐした後で、関節の調整がしやすい状態です。
骨盤矯正をすることで、左右の脚の長さも均等になります。

・「ボキッ」という音が怖い方
・妊娠中の方
・ご高齢の方

は別の方法で行います。
ご安心ください。

姿勢アドバイス.JPGのサムネイル画像
③アフターケア
(姿勢のチェック・予防体操)

『正しい姿勢』のアドバイスをします。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

骨盤の歪みを改善された体験談

a0007_002056.jpg
◎施術後に脚の長さが同じになりました、とても嬉しいです。

施術前の検査で脚の長さが違うことがわかりました。
「えぇっ!!」と思い少しショックでしたが、
施術を行うと良くなると聞いて一安心!
施術後に脚の長さが同じになりました。
とても嬉しいです。ありがとうございます!

※頂いた声は、それぞれの方の感想であり、効果を保証するものではありません。
 効果には個人差があり、改善度合いや改善にかかる期間、回数は人それぞれですが、
 一人ひとりに合わせた形でしっかり施術をさせて頂きます。
 最適なメンテナンスのペースも人それぞれですので、提案させて頂きます。

a1180_010528.jpg
◎骨盤の歪みで脚の付け根が痛かったのですが、治りました。
左右のバランスが悪く、歩くと脚の付け根が痛かったです。
先生が筋肉をほぐして(かなり効きます^^;)
骨盤を矯正してくださりました。
その時は、分からなかったのですが、
施術後に道を歩いても脚の付け根が痛くなりませんでした!
びっくり!助かりました。

※頂いた声は、それぞれの方の感想であり、効果を保証するものではありません。
 効果には個人差があり、改善度合いや改善にかかる期間、回数は人それぞれですが、
 一人ひとりに合わせた形でしっかり施術をさせて頂きます。
 最適なメンテナンスのペースも人それぞれですので、提案させて頂きます。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

という嬉しい声を頂きます。
寄せられた他の体験談は下記をクリックするとご覧いただけます。

骨盤矯正された喜びの体験談(←クリック)

▲ページ上部へ

スマートフォン用サイトを見る

ページトップへ