目の疲れ・目の奥の痛みのお悩みのあなたへ

疲れ目 女性

☑ パソコン作業で目の奥が重い、痛い

☑目の疲れから頭痛、肩こりがある

☑まぶたや目の下がけいれんする

☑ 目が乾き、目薬が手放せない

☑ 疲れてくると目がかすむ

☑ 目がしょぼしょぼする

目の疲れ・目の奥の痛み原因とは?

パソコン作業

仕事ではパソコン、プライベートではスマートフォンというように、現代の生活は目を酷使しがちです。目の使い過ぎは目が疲れたと感じるだけでなく、他にも色々な「困った」の原因になる事も…。スマートフォン

パソコン仕事の間の息抜きにスマートフォンをチェックすると言うのはよくある事かと思います。ですが、これでは気分的にリフレッシュできても目には過度の負担がかかる事になってしまいます。

細かい作業
疲れ目の大きな原因は、使い過ぎによる目の周辺の筋肉の血行不良と言われています。疲れ目の段階から徐々にダメージが蓄積していくと、頭痛、肩こりなどに繋がる事も。単に「肩がこりやすい」と肩こりだけのケアをしても良くならない場合は、目の疲れが大元の原因かもしれません。

目の疲れとは『目を使い過ぎる』ことによって起きる症状です。

現代社会では、目が疲れている方も多いのではないでしょうか?この目の疲れ、ひどくなると眼精疲労となってしまいます。

眼精疲労とは、休息や睡眠をとっても回復せず目と全身に疲れを感じる症状です。

ドライアイ

遠視、乱視、近視、老眼

度が合わないメガネやコンタクト

緑内障、白内障

精神的ストレスの問題(自律神経の乱れ)

と原因は様々で、目薬をさして一時的に良くなっても効果が持続できず症状がすぐにぶり返します。

さらにひどくなると、頭痛・肩こり、吐き気、めまいなどを起こすケースも多くあります。

逆に、頭痛・肩こり、吐き気、めまいが眼精疲労起こす原因になっていることもあります。

疲れや痛みのいくつかのパターン ! 

いくつの痛みのパターンを説明していきます。

 

 

 

つ目は、僧帽筋(上部)と呼ばれる筋肉がこり(図の×の部分)固まってしまい、疲れを感じます。
ひどくなると赤い部分の目の奥首筋に痛みを引き起こすパターンです。


つ目は、胸鎖乳突筋 (胸骨部)(鎖骨部)と呼ばれる筋肉がこり(図の×の部分)かたまってしまい、ひどくなると目の奥の痛み 後頭部の痛み引き起こすパターンです。


三つ目は、後頭下筋群と呼ばれる筋肉がこり(図の×の部分)かたまってしまい、首上の方に疲れ感じます。

ひどくなると頭の横に痛み目にも痛み引き起こすパターンです。

 

当院の施術で眼精疲労を改善しすっきりした日々を送りましょう

当院は上の図でも説明している、コリのポイントを押し、確実に効果が実感できる施術をしていきます。その場限りではなく自然治癒力をアップして症状の出にくい身体づくりを目指します。

施術を受けた方々からは、視界がクリアになって仕事や趣味に集中できるようになったという嬉しいお声もいただきました。

\多くの患者様に選ばれている施術/

 

目の奥の痛みや疲れの改善の体験談

女性の後ろ姿


◎目薬を使う頻度が減りました。

事務作業でパソコンを使う事が多く、
目の痛みと疲れで目薬が手放せなかったです。
仕事の終わる夕方頃は痛みが特にひどかったです。
国立整体院に来るようになり、
とても症状が改善しました。
おかげで目薬を使う頻度が減りました。
これからもよろしくお願いします。

(目の奥の痛みで来院された国立市在住の女性のEさん)

 


若い女性 背中

◎夕方になると目の奥が痛かったのに、改善しました。

仕事に集中出来なくなるので
大変でしたが、こちらで治り感謝しています。
夕方になると目の奥が痛かったのに、改善しました。

(背中の痛みで来院された国立市在住の女性のTCさん)
 

という嬉しい声を頂きました。

 

・100名の喜びの体験談 〖 こちらをクリック 〗

大手口コミサイトで第1位に選ばれました。
(国立の整体・カイロプラクティック部門)